保育所の待機児童問題とは
解決策とは
待機児童問題を解決するために政府ではさまざまな対策を考えています。たとえば保育の受け皿を増やそうとしています。そのために認可保育園の整備を行っています。また、保育の多様化を実施しようとしています。従来の認可保育園以外にもさまざまな選択肢があれば、待機児童を減らすことができるという考え方です。そのために一時預かり事業を水増したり、病児保育事業をサポートしたりしています。企業内保育所を充実させたり、少人数に対応した保育サービスの推進も実施されているのです。

保育人材を確保することも大切です。保育士の数が不足しているからです。そのために一度仕事を離れた保育士が再び仕事に就く際に準備金を出すという対策があります。他にも、保育士の勤務環境を改善した事業者に対して資金の拡充を図ったり、保育園に勤務している保育士が子供を保育園に預けるための利用料を支援するといった対策があります。

また、保育士の給料を改善するための案も出されています。国だけではなくて地方自治体が独自の対策を実施しているケースもあります。それによって、実際に待機児童を大幅に減らすことに成功した自治体もあるのです。これからもさまざまな対策が実施されて問題が解決されていくでしょう。