保育所の待機児童問題とは
待機児童の原因
待機児童問題が話題になっています。保育所に入所したいけれどもできない子供がたくさんいるのです。その原因としては、経済不況が長引いた結果として女性の社会進出が進み、共働きをする家庭が増えたことです。これによってニーズが高まっているにも関わらず、保育所が対応できていません。

待機児童というのは都市部に集中しています。しかし、都市部では土地が限られています。また、用地があったとしても、周辺住民からの理解を得られないというケースも多いのです。保育所ができると子供の声がうるさかったり、子供の送り迎えをするために車がたくさん通るという点が敬遠されてしまうのです。そのため、新しい保育所の建設が進んでいません。

また、待機児童問題というのは認可保育所が不足しているという問題です。保育所には認可された施設と認可外の施設があります。多くの方が認可外施設に不信感を抱いており、認可保育所を利用したがるのですが、枠が限られているのです。認可保育所が少ないのも待機児童問題の原因の1つとなっています。

保育士の労働環境が悪化していて、保育士の数が不足しているのも原因です。保育士が足りなければ保育定員を増やすことができないのです。このように待機児童問題にはいろいろな原因があります。